【実体験】今までやった在宅ワークで最も稼ぎやすいトップは何?

こんにちは、ゆずりはです。

フリーランスになって在宅ワークをはじめてもう4年になりますが、その間にいろいろな仕事をやってきました。

はじめは普通にリモートワークで契約して仕事をしていましたが、他にもネットでの仕事を調べたりしていろいろ挑戦しました。

今はネットの仕事も多岐にわたっているので、自分に向いている仕事を選んでしっかりと稼いでいる人もたくさんいらっしゃいますよね。

そこで、今までに私が実際に経験したり調べたりしてわかった、最も稼ぎやすい在宅ワークについて、ご紹介したいと思います!

在宅仕事の月の収入額と稼ぎやすさランキング

それでは早速、在宅ワークの種類と稼ぎやすさ、メリットデメリットについてまとめてみます。

企業からの個人請け仕事

企業からの個人請け仕事

転職サイトなどで、「業務委託」の仕事を募集している企業にエントリーして採用してもらう方法です。

Webデザイナーやグラフィックデザイナー、ライターの経験があれば、結構な数の会社が募集をしているんですよね。

私もはじめはこの方法で在宅のお仕事を頂き、収入を得ていました。

契約形式は個人事業主として個人請けの形になりますので、会社の担当者さんが依頼と発注を出し、納品するという流れです。

報酬は案件ごとに○○万円などの成果報酬が主流ですが、たまに時給制などもありますね

私が主に請けていたWEBデザインの場合は、1ページ○万円単位で期日までにデータ納品後、振込をしてもらっていました。

■メリット

企業に仕事があればどんどん依頼が入ってきますので、一度契約すれば安定しやすいですね。

必要となるのは、実務経験はもちろんのこと、コミュニケーション能力が求められますが、普通に会社に勤めた経験があれば全く問題ないです

■デメリット

企業と契約しますので、自分のペースで仕事ができるとは言い切れません。

連絡できる時間を指定されることが多く、平日昼間に仕事ができることが望ましいです。

また、企業の担当者と相性がかなり影響してきます。

■月の収入額

仕事内容によりますが、私の場合は平均15万円くらいでした。

もっと詰め込んで仕事をすれば、月50万円くらいは稼げると思いますね。

■稼ぎやすさ

稼ぎやすさは星5(★★★★★)です。

企業の担当者さんと上手く交渉できれば、安定した収入をえることができます。

社会人と同じような働き方、仕事量が求められるので、決して楽ではありませんが、堅実なのは間違いないです。

ランサーズ/クラウドワークス系

ランサーズ/クラウドワークス系

ネットでのお仕事仲介サービスを使った在宅ワークです。

Webデザイナーやグラフィックデザイナー、ライターの仕事の他、データ入力など簡単なものまで、在宅でできる様々な仕事があります。

大手のサービスが「ランサーズ」「クラウドワークス」なので、この二つに登録しておけば、かなりの仕事が探せると思います。

■メリット

ネットでほぼ完結するため、完全な在宅ワークができます

単発案件も多いので、好きな時に好きにエントリーして仕事をもらうことができますし、継続案件の場合は、先ほど紹介した個人請けの仕事とほぼ同じですね。

1つの企業に縛られることもないので、気持ち的に楽に仕事ができると思います。

■デメリット

ネットのサービスを使っているので仲介手数料が必要になります。

また、募集している案件は、必ずしも信用できる企業だけではないので、自分で仕事内容を判断しないといけません。

比較的、単価が低いものが多い上に良い案件は応募が集中するので、かなり実績がないといい仕事が得られないこともあります。

■月の収入額

数万円~20、30万円程度

私の場合は、2~3日ほどのWEBトップページのデザイン制作案件で、手数料抜きで3万弱でした。

■稼ぎやすさ

稼ぎやすさは星4(★★★☆☆)です。

上記のサービス内だけでは稼ぎやすいとは決して言えませんが、実績をつけて、企業との直接個人請け契約を取り付ける方向に進めば安定して稼ぐことができます

ポイント、アンケート、懸賞系

ポイント、アンケート、懸賞系

ネットでアンケートに答えたり動画を見ることで換金できるポイントを稼いだり、懸賞に応募する稼ぎ方です。

私は実際にしたことはないのですが、調べたところ月に数万円程度なら稼ぐことはできるみたいです。

ただ、1案件で稼げる単価が低すぎるので、効率的に稼ぐのは難しいでしょう。

■稼ぎやすさ

稼ぎやすさは星1(★☆☆☆☆)といったところです。

作業はすごく簡単で楽ですが、生活ができるほど稼げるような仕事ではないと思います。

お小遣い稼ぎ程度ならいいのではないでしょうか。

ブログ(サイト)アフィリエイト

ブログ(サイト)アフィリエイト

ブログやサイトに広告を乗せて、その広告費で稼ぐ仕事で、ネットの仕事の中で一番人気の在宅ワークだと思います。

はじめるためには、自分のブログやサイトが必要になりますので、それなりに知識やノウハウが必要になります

私も実際にブログを運営して広告費で収入を得ていますが、時間をしっかりと使えば稼げる仕事ですね。

■メリット

広告での収入が入る仕組みはほぼ自動ですので、企業の担当者と交渉したりする必要もなく、かなり自由に仕事をすることができます

ブログ記事を書くというライティング能力が必要ですが、コツをつかめば今までに経験がなくても慣れでこなせる範囲ですね。

■デメリット

ブログやサイトは自分で用意する必要があるので、サーバーを設定したり、ライティングをしたりとそれなりの技術や知識が求められます。

さらに、ブログの運用自体がかなり手間なわりには、それがそのまま広告の収入額につながるわけではないので、上手くやらないと月数百円しか稼げないというケースもよく聞きます。

■月の収入額

数千円~30万円

■稼ぎやすさ

稼ぎやすさは星4(★★★★☆)くらいです。

私の場合は最高で月に30万円の収益がありましたが、月によってバラバラで、ブログやサイトを放置していた時期は、どんどん収入が下がりました・・・(笑)

なので、ブログアフィリエイトは時間をかけてしっかりと作業をすれば、ちゃんと成果として現れる在宅ワークだと思います。

youtuber/動画クリエイター

youtuber/動画クリエイター

最後は、最近すごく流行りのyotuube動画クリエイターのお仕事です。

周りでもyoutubeをはじめたという方、多いんじゃないでしょうか?(私の周りには2人もいます!)

私の場合は2年前にはじめましたので、実績が豊富というわけではないですが、メリットデメリットなどわかる範囲で解説させていただきますね。

■メリット

基本的にはブログアフィリエイトと同じで、youtubeの自分のチャンネルに動画を投稿して、広告費で収入を得る仕組みです。

動画の更新頻度は自由に決められますので、好きな時間に好きなだけ仕事をしてOKです。

動画の内容は「自分の得意なこと」をテーマにしますので、好きな事で仕事をするという言葉がまさにぴったりかも知れませんね。

■デメリット

芸能人も続々と参入しているほど、かなり競争率が高いです。

しかも収益化できる条件が「チャンネル登録者数1000人」かつ「年間の再生時間4000時間」をクリアしないといけません

また、ブログの記事とちがって1つの動画を作るのに、2~3日かかることもざらです。

労力がすごくかかるわりには、収益化までの道のりが遠いのが最大のデメリットかなと思います。

■月の収入額

0円~??

実は私のyoutubeチャンネルはまだ収益化できていないため、普通の主婦がどのくらい稼げるかはわかりません・・・(すみません)

でも、今年中には上記の条件がクリアできそうなので、収益化ができたらまた報告したいと思います!

■稼ぎやすさ

稼ぎやすさは星3(★★★☆☆)くらいかなと思います。

とにかく初期は収入ゼロですので稼ぎやすいとは言いがたいですが、収益化さえできればその後は、比較的収入が増えやすいと予想できます

私の場合は更新頻度は週1とかなりゆっくりペースなのですが、それでも登録者数も再生時間も、月日を重ねるごとに増えるスピードが上がっています。

収益化後すぐはたいした収入ではなくても、このままこのペースをキープできれば、けっこういい所まで伸ばせるんじゃなかと思っています。

在宅ワークで最も稼ぎやすいトップは「企業案件」と「アフィリエイト」

在宅ワークで最も稼ぎやすいトップは「企業案件」と「アフィリエイト」

と言うことで今回は、私の経験した中で在宅ワークの稼ぎやすさについて比較してみました。

在宅ワークで本気で稼ぐのであれば、ランサーズやクラウドワークスを利用して契約を取り付け、企業案件をこなしていくのが一番安定して収入が得られる方法だと思います。

ただ、稼ぎたいけれども子供がいるから時間の融通がききにくい、もっと自由に働きたいというのであれば、ブログやyoutubeのアフィリエイトがいいでしょう。

ただ、ブログもyoutubeもめちゃめちゃ作業量が必要です

作業負担が問題ないのであれば、この二つは他のネットでの在宅ワークよりもよっぽど稼ぎやすいですね。

例えば在宅ワークにはほかにも、

「データ入力」
「内職」
「メール・チャットレディ」

などもありますが、(私は調べただけですが)前の2つはめちゃめちゃ単価が安く、3つ目はかなりアダルトよりのお仕事なので、ちょっとおすすめではないですね。

ブログとyoutubeとどちらを選べばいい?というのは、私から言えるのは、どっちもはじめてみて上手くいった方を伸ばせばいいと思います。

ブログは無料ではじめられますし、動画は機材等の初期投資が必要ですが、とりあえずはスマホだけでもはじめられます。

私の場合は、企業契約→ブログアフィリエイト→youtuberと変えていきましたが、これも自分に合っているからこそそういう選択をしてきました。

正直、フリーランスの在宅仕事の収入にはすごい波があります

収入に関しては、会社に雇用されてたほうがよっぽど安定していましたね(笑)

それぞれの在宅ワークの詳細については、他記事にいろいろ書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

今回は、私が経験した範囲でのリアルな稼ぎやすさについてご紹介してみました。

みなさんの在宅ワークの参考になればうれしいです。

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。