子育てとWEBデザイン在宅仕事の両立のカギは『朝活』と『ママ友との関係』

現在、私は4歳児の子育てをしながらフリーランスでWEBデザインの在宅仕事をしています。平日は保育園に預けているので、基本的に仕事の時間はある程度確保できているのですが、やはり仕事のボリュームや納期の関係で、時間が足りないこともしばしばあります。

子育てとWEBデザイン在宅仕事の両立のカギは『朝活』と『ママ友との関係』

しかし、4歳の今のところ(もうすぐ5歳)、子どもが家にいるとほとんど仕事はできないです。まだまだ手がかかりますね。子どもが家にいても家事はできるのですが、仕事となると別ですね。仕事はミスが許されないので、集中力が必要なためです。

朝5時に起きて限られた時間に仕事をすると効率があがる!

仕事が詰まってきたときは、まず『朝の時間』を使います。子どもが起きる前の時間です。もちろん夜寝てからでもいいのですが、夜よりも朝の方が集中力が上がるように思います。というか、子どもの相手や家事で疲れているので、夜はお酒でも飲んでゆっくりしたいですよね。子どもが朝起きるのが7時頃なので、それまでの時間を活用します。仕事が忙しい時は、朝5時に起きて作業をしています

次のスケジュールが決まっている朝の時間は、むしろ集中力があがります

朝一はさすがに頭が起ききっていないことが多いので、まずコップ一杯の水を飲みます。そして、ビジネス系のメルマガなどを読みます。もし単純作業があれば、その仕事をします。だんだんと頭をクリアにしていき、それから本格的に制作をはじめます。作業は一度のってしまえば、かなり集中することができます。朝は、次に子どもを起こすというスケジュールが決まっているので、時間いっぱい効率的に仕事をするようになります。

ちなみに、朝早く起きると、当然夜は早めに眠くなります。それならば、夜は仕事のことは何も考えず、子どもと一緒に早く寝てしまえるので、かなり健康的な生活リズムになったりしますね。

いざという時は厚かましくとも「ママ友」に頼るべし!

そして、もうひとつの手は「ママ友」です。正直、この手はあまり使うことはないですが、本当に困った時は頼ることがあります。もちろん、実家に預けるのも有効な手段ですが、私の場合、祖母が高齢なのと、距離が少し離れているので、実家に頼るよりもママ友に頼ることが多いです。

私は、正直なところ「ママ友」を作るのが苦手なタイプでした。そのため、子どもが3歳くらいまでは、ほとんど「ママ友」はいませんでした。4歳前くらいになると、子どもは、少しずつ園で仲の良い友達ができてきます。私の子どもも同様に、特定のお友達ができてきました。そうなると、母親ががんばらずとも、子ども同士が仲良くなるので、自然と親同士も仲良くなっていきます。不思議と、自分の子どもが気が合うお友達のママは、自分とも似た雰囲気のママだったりするものなのですね。そうして「ママ友」ができました

日頃の関係性が大切。お互いの立場を理解するのがポイント

「ママ友」は兄弟が多く、家によく子どもの友達を招いているような家でした。そうなると、私の子どももかなり遊びに行きやすく、頻繁に遊びにいくようになりました。もちろん、遊びに行くだけではなく、自分の家にも招いて預かります。やっぱり気を遣う部分もあるので、友達の家と自分の家と、半々くらいで遊ばせていました。

そうやって関係を作っていくと、「もし、仕事が忙しい時があったら言ってね!」と優しい声をかけてくれました。保育園に通っている同士だと、基本的に子育てしながら仕事を持っているので、お互いのしんどさがわかっているんですね。兄弟姉妹のいるママ友は、特にそう言ってくれるような気がします。私ももちろん、いざというときは預かりますよ!と言っています。そんな関係を作ることが大切ですね。

子育て中で仕事を持っているなら、無理に「ママ友」を作る必要はまったくないですが、保育園などの同じ境遇の「ママ友」はいるに超したことはないと実感しています。もし、「ママ友」を作るのが苦手という方でも、大丈夫だと思います!ネットばっかりやってるインドア派で、リア友が少ないこんな私でも、「ママ友」ができたのですから(笑)

子育てに一段落したママさん、デザイナーという在宅お仕事はじめませんか?

主婦が在宅で仕事をするならデザイナーというお仕事がオススメです。というのも「手に職」のお仕事は報酬もかなり期待できるからですね。子供が学校に行っている間に在宅でデザインの勉強ができるのが、オンラインスクールのいいとろこです。
※スカイプの無料体験レッスンもあり!⇒CodeCamp WEBデザインコースはこちら

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。