フリーランスという働き方とは?主婦の「在宅ワーク」との違い

フリーランスとは・・・調べたところ、難しい説明がいろいろ出てきたんですが、要するに特定の企業(会社)や団体に属さず、自分で仕事を得て収入を得ている、社会的に独立した人のコトのようです。個人事業主もしくは個人企業法人があるようです。
フリーランスという働き方とは?主婦の「在宅ワーク」との違い
「個人企業法人」とか、正直はじめて聞きました。私は一応、「個人事業主」です。周りにも独立した女性がいらっしゃいますが、みんな「個人事業主」です。

フリーランスはアメリカでは前から多いが、日本では近年になって増えている

そうですよね、「独立」や「フリーランス」なんて、仕事ができて人望も厚い人がなるものだと思っていました。私がフリーランスをはじめるなんて・・・思ってもいませんでした。

日本で増えているのは、在宅で仕事をはじめる主婦が増えているのも理由の一つではないでしょうか。政府が「女性をもっと活躍する社会に」なんて言って、主婦も仕事しろ的な雰囲気がありますよね(笑)主婦が仕事はじめるなんて、すごいハードルがあるんですけどね!家事どーすんのとか、育児どーすんのとか、今さら社会性とか・・・っていうハードルが!

私の場合は、もともと会社勤めが長く、結婚&出産休暇を経て会社に戻り、しばらく勤めた後、フリーランスになることにしました。なので、一応、今までも家事、育児両立してやってました。保育園さまさまです。社会性も・・・それなりにあったと思います(笑)

では、「フリーランス」とは、どんな職種があるのでしょうか?

・・・「個人事業主」で考えれば、あらゆる職種が当てはまるじゃないですか!私の主人も工場系の個人事業主ですが、「フリーランス」といわれると、ちょっと違う気がします。よく紹介されているのは、いわゆるPCがあればできるお仕事のようですので、そちらで。

ライター系
デザイナー系
エンジニア、プログラマー系
エンタメ系

が最も人気のようです。
あとは、「ネットショップオーナー」「建築家」「税理士」などもフリーランスの部類にはいるようです。

じゃあ「在宅ワーク」とは?「フリーランスの仕事」と違うの?

「在宅ワーク」とはパソコン等の情報通信機器を活用して、請負契約をして労働を提供する在宅での仕事だそうです。要するに「フリーランス」がする仕事のやり方の一つですね。

それなら「在宅勤務」は?
会社に所属していて、会社で仕事をするのではなく、家で仕事をすることだそうです。こちらは「フリーランス」とはまったく別ですね。ということは、「在宅ワーク」はこの在宅勤務の人がする仕事にも当てはまりますね。

なぜ、こんなことを調べたかというと、私も含め、特に仕事をする女性は「在宅」という言葉をよくきいたり、使ったりするのですが、きちんと理解していないといけませんよね。なので、調べてみました。

会社員時代に上司に言われたことは、「在宅勤務できる仕事内容にしていかないといけないね」

「在宅勤務については、実はフリーランスになる前、会社員時代に上司と相談していたことでした。言われたことは「在宅勤務できる仕事内容にしていかないといけないね」。確かにその通りです。会社員として「在宅勤務」を希望するなら、会社側にもメリットがないと受けてもらえません。私の場合、仕事が制作だけではなく、カスタマーサービスも含まれていたので、制作だけで在宅勤務は難しかったです。

しかも「在宅勤務」の場合は、おそらく打ち合わせや会議で会社に行かないといけないこともあるでしょう。完全に家で仕事をするなら「フリーランス」という働き方になります。しかも、会社から「在宅でできる仕事」を仕事としてふってもらうか、委託してもらえば、「フリーランス」もはじめやすいですね!

「在宅勤務」なのか「フリーランス」なのか、子育て中の女性のみなさんは、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、30代、40代の働く女性のひとつの情報源やネタになれば幸いです。みなさんも、自分のペースでがんばってくださいね!

フリーランスのデザイナーお仕事探しに困ったら

フリーランスのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※フリーランスのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。