平凡なフリーランスのデザイナーが報酬をあげるためのコツ

平凡なフリーランスのデザイナーが報酬をあげるためのコツ

こんにちは、ゆずりはです。

フリーランスのデザイナーの悩みの一つに「報酬が上がらない」、というのがありますよね。

特に、私のような平凡なデザイナーは、どうやって報酬をあげたらいいのか、いつも悩んでしまいます。

報酬を上げられるということは、フリーランスとしての成功の秘訣といっても過言ではありません。

そうやっで悩んで試行錯誤しているうちに、私なりに報酬を上げるコツが解ってきましたので、少しご紹介したいと思います。

直受けするデザイン制作の案件を増やす

フリーランスをはじめたばかりの時は、クライアントを持たないデザイナーは、まず「ランサーズ」などのクラウドソーシング・サービスを利用し、お仕事を探す方も多いです。

しかし、クラウドソーシング・サービスのお仕事は、価格競争も激しいうえ、サービス手数料もそれなりですので、高い報酬を期待するのは難しです。

それなら、そういったサービス企業を介さず、直受けすればいいわけですね。

クラウドソーシング・サービスなどで、しっかりと実績を作っていれば、それが可能になりますので、ステップアップとしてはごく自然だと思います。

しかし、自力で営業をかけ、良いクライアント企業を見つけるのはかなり大変です。

そんな時は、転職サービスの求人案件の中でも「業務委託」の求人に応募する方法や、フリーランスの仕事紹介マッチングサービスを利用する方法がオススメです。

そうやって、特定のクライアント企業を持つことで、安定した収入を得られるようにもっていくのも、フリーランスを続けるコツだと言えます。

クライアントを教育する!?

フリーランスのデザイナーが報酬をあげるためのコツに「クライアントを教育する」という方法もあります。

まあ「教育する」というとちょっと失礼な気もしますが、要は、前もってクライアントに、「自分の制作物は質が高い」=「制作費が高い」ということを、様々な表現で伝えることです。

その場合、クライアント企業に営業をかけるためにも、集客が必要になてきます。

サイトで集客をし、メルマガで教育するのが最も効果的ですね。

なお、「制作費が高い」ということをストレートに言うのはNGです。

いかに自分のスキルが優れているか、制作に対する想いが強いかなど、直積的ではない様々な表現でアピールし、伝えていくことがポイントになります。

クラウドソーシング・サービスや仕事紹介マッチングサービスに頼らないでも良いくらい、デザイナーとしてスキルや実績が上がれば、ステップアップとして、このような手法で仕事を受注するというのが、報酬を上げるコツなんですね。

デザイン制作案件とは別にサイトで収入を得る

デザイン制作のお仕事をするかたわら空いた時間に自分のサイトを制作し、アフィリエイト広告で収入を得る方法もあります。

いわゆる副業ですね。

収入源を複数持つことは、フリーランスにとってかなり大切です。

片手間のアフィリエイト作業で大きな収入を得られほど簡単なものではないですが、フリーランスの時間活用としては、かなり有効な手段だと言えます。

なぜなら、WEBサイト制作のスキルを既に持っているデザイナーなら、アフィリエイトをはじめるハードルが非常に低いからです。

実際に、アフィリエイトに取り組んでいるデザイナーの方は多いようですよ。

平凡なフリーランスのデザイナーが報酬をあげるためのコツまとめ

私のような平凡なデザイナーがフリーランスで報酬をあげるための、私なりのコツをご紹介させて頂きました。

  • 直受けするデザイン制作の案件を増やす
  • クライアントを教育する
  • デザイン制作案件とは別にアフィリエイトで収入を得る

フリーランスという働き方でデザイナーを続ける場合、デザインスキルだけでなく、どうしてもビジネススキルも必要になってくることを、身をもって実感しました。

今まで会社では、「与えられた仕事をこなす事」が第一優先でしたが、フリーランスでは自分で仕事を見つけなければいけません。

ビジネスメールのスキルも必要ですし、提案力や金額交渉のスキルも必要です。

そのためには、自分が主導権を握らなければいけません。

いかに柔軟に物事を捉えることができ、そして行動ができるかが大切なんだなと思いました。

参考になれば幸いです。

フリーランスのデザイナーお仕事探しに困ったら

フリーランスのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※フリーランスのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。