レンタルサーバーをZenlogicに乗り換えし、ブログを常時SSL化しました!

前の記事でメリットの多い常時SSLを勧めるサーバーをご紹介しましたが、私もそのサーバーに乗り換えることにしました。その理由は単純です。SEOに影響がある常時SSL化したサイトに簡単にできる、ということと、年間サーバー費が安くなるということです。
前の記事はこちら→WEBサイトを守るSSLって知っていますか?SEOの影響を考えれば「常時SSL」化を!※まずもってSSLがよくわからなければ、この前の記事を読んでみてください♪

レンタルサーバーをZenlogicに乗り換えし、ブログを常時SSL化しました!

ブログを常時SSLのサイトにすると、何がいいの?

■サイト全体が安全なページになる
■常時SSLサイトは検索で上位表示に貢献。すなわちSEOに効果がある!
■WEBアクセス解析に強い!Googleアナリティクスの「ノーリファラー」が減る

SSLのサイトであることはメリットが多いですよ。まず、サイト自体が安全になり、ユーザーも安心してアクセスすることができます。google chromeやFire Foxなどのブラウザでも、HTTPだと「安全な接続ではありません」と表示されていますね(アドレスバーに「!」で表示される)。そしてSSL化していると、SEOにも影響してきます。Googleウェブマスター向け公式ブログでは、「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります。」とあります。また、WEBアクセス解析でも「ノーリファラー」が減り、解析がより詳細にわかるようになります。

ということで、今のうちにHTTPS化しておいてまったく損はないですね!とはいえ、余分にお金がかかるのもいやですし、設定や申し込みがややこしいのもいやです。それならば、設定が簡単でお手頃価格と謳っている、ファーストサーバーの「Zenlogic(ゼンロジック)」を試してみようと思います!

Zenlogicサイト
2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」

Zenlogicでは標準で、業界大手シマンテックグループ発行のDV証明書がついているんですよ。なので選びました!書類不要、オンライン審査で最短5分の「標準独自SSL」なんですが、これが、今回レンタルサーバーを乗り換えようと思った、最大の理由です。

さっそくレンタルサーバーを乗り換えます。全部で7ステップ。

ファーストサーバーのZenlogicのサイトから、最安の「プランS」に申し込みをします。基本的に中小企業向けなので、ビジネスIDでの登録になるようです。フリーランスや在宅ワーカーなら「個人事業主」として登録すれば問題ないので、そのまま登録申し込み。認証メールが届きますので、メール内のURLをクリックして、登録完了。2週間の無料期間がありますので、料金を確認した後、申し込みを完了します。なお、継続の確認は2週間の無料期間終了前に、メールでお知らせされます。

サーバーの初期設定に数分程度かかるようです。完了時はメールでお知らせされますので、しばらく待ちます。数分後にメールが届きましたので、早速コントロールパネルにログインしようと思います。コンパネはZenlogicのサイトの「カスタマーポータル」にありますので、こちらにログインします。「カスタマーポータル」では、会員/契約管理、コントロールパネル、サポートのサービスがあります。

[1]FTPアカウントの登録をする

とりあえず簡単な設定であるFTPアカウントの作成からしてみました。左メニューの「FTP」タブから、FTPアカウントの登録をします。FTPソフトを使用してデータをアップロード/ダウンロードするためです。登録したら、FTPサーバーを「標準ドメイン名」でFTP接続します。基本情報はコンパネの「サーバー情報」を見れば全てわかりました。

★参考:<マニュアル>FTPアカウントの設定(zenlogic.jpサイトへ)

[2]独自ドメインを設定します

最終的にドメインの移行をするため、自分の所持しているドメインを設定しました。他社で取得しているドメインです。左メニューの「ドメイン設定」タブから、独自ドメインの設定で行います。ドメイン名を入力し、「DNSゾーンを作成する」で設定します。これは、ドメインの切り替えを行う際に、ネームサーバーを書き換える時に使用します。計3個の独自ドメインを持っていますので、全て設定しました。なお、「DNSゾーン」の作成は最大6個までが無料になります。そのため、他社で取得したドメインは6つまでが無料になるようです。(現段階でDNSの切り替え作業はまだです)

★参考:<マニュアル>ドメインの設定(zenlogic.jpサイトへ)

[3]各独自ドメインのドキュメントルートを指定します

[2]で設定した独自ドメイン名でドキュメントルート(のフォルダ)を指定します。各ドメインで個別のサイトを作成したいので、先にFTP接続して「htdocs」ディレクトリ内に、各ディレクトリ・フォルダを作成しておきます。ディレクトリ名は、それぞれのドメイン名(aaa.comなど)にしておきました。左メニューの「WEB」タブから「WEBドメイン設定」から、各ドメインの「ドキュメントルート設定」でそれぞれのディレクトリ・フォルダを指定して完了です。

★参考:<マニュアル>キュメントルートの設定(zenlogic.jpサイトへ)

[4]サイトデータを移します(コピーします)

なお、Wordpressのインストールする場合、事前にMySQLを起動させないといけないようです。「データベース」「MySQL」の初期化と起動を行います。サイトデータはそのままコピーしても動きませんので、改めてWordPressをインストールして、必要なデータのみ移行しようと思います。「テーマ」はFTPで引っ越し、「投稿記事」や「画像」はWordpressのエクスポート/インポートを利用しました。
なお、ドメインのネームサーバー切り替え前ですので、「WEBドメイン設定」で、初期設定で与えられるURLのドキュメントルートを、該当ドメインのドキュメントルートに設定し、テスト的に確認しながら引っ越しました。

★参考:<マニュアル>データベースの操作(MySQLの初期化と起動をする方法)(zenlogic.jpサイトへ)

[5]独自ドメインのDNSの切り替えをします

サイトデータのコピーが完了したら、ドメインのDNSの切り替えをします。ドメインを取得したサイトの管理画面で行う作業になります。ネームサーバーは「DNSゾーン編集」から確認できます。4つのネームサーバーを登録して完了です。インターネットへの反映は、24時間から72時間程度かかる場合もあるようですが、今回はだいたい1時間程度で切り替わりました

★参考:<マニュアル>ドメインの設定(zenlogic.jpサイトへ)

[6]SSLの申し込みの前に「www.」があり/なしの両方の設定をします

最後にSSL設定をします。これが今回の最大のしたかったことです!さあ、登録設定だ!と思ったら、まだ設定しておかないことが。www.のドメインで登録しておいた方が良いとのことですので、先に「www.」があり/なしの両方の設定を済ませておきます。「ドメイン設定」と「WEBドメイン設定」の2つの設定をします。

★参考:<FAQ>ホームページを「www.」があり/なしの両方で公開したい。(zenlogic.jpサイトへ)

[7]SSLの申し込み・設定をします

ようやくSSLの申し込みです。もちろん、無料の「標準独自SSL」を選びます。申し込みフォームにwww.で入力し申し込みを完了させます。すると、数分後に設定完了のメールが届きました。早速「WEBドメイン設定」でSSLの「証明書設定」をし、全て完了です。すぐできました。
※ちなみに、ドメインのネームサーバーを変更しサイトが移行していないと、SSLの申し込みができません。

★参考:<マニュアル>標準独自SSL のお申込み(zenlogic.jpサイトへ)

ドメインのDNSが切り替わっていたら、httpsでアクセスすることができるようになっていました!これでサイトのフォームなどテストして、問題なければ完了です。とうとう、私の個人サイト全てが常時SSL化されました!

レンタルサーバーをZenlogicに乗り換えた感想

結論からいいますと、Zenlogicはとても使いやすかったです!今までにサーバー乗り換えを何度か経験していますが、けっこう大変なんですよね。ZenlogicはマニュアルやFAQがかなりわかりやすく、助かりました。まあ、無料の電話サポートもついているので、わからなければ電話すればよかったんですが、電話苦手な私はマニュアルを見てやりました。私の場合、WordPressのインストールに手間がかかってしまって時間がかかりましたが、それ以外の作業は、マニュアルに従って設定するだけなので、半日もあれば移行できましたよ。

コントロールパネルの使い勝手は、一度覚えてしまえば使いやすいです。むしろ、設定できる機能がたくさんあってびっくりしました。他のレンタルサーバーでもあった機能なのかも知れませんが、どこにあるかよくわからなかったのが正直なところです。私のような、システムがよくわからないデザイナーにとって、レンタルサーバー選びで「コントロールパネル」の使いやすさは、かなり重要な比較部分だと実感しました。

サーバーを乗り換えたら、年間約7,000円もお得になった!

気になる料金ですが、私の場合現状が約18,000円(年間)→約12,000円(年間)になります。さらに2016年11月末までの12ヶ月契約10%値引きがかかって、初回は10,791円でした。約40%も年間料金が安くなりました!

このファーストサーバーのZenlogicは中小企業向けなので、本当のWEB初心者にはあまりおすすめできないかも知れませんが、WEBサイトを運用するくらいのデザイナーなら、かなりおすすめです!機能が充実してて使いやすいです。ドメインのドキュメントルートが好きに設定できるところがいいです。あと、知りたいサーバー情報がすぐ見つかったのも良かったです。じわじわと使い勝手の良さがわかってくる感じです。

以上が、レンタルサーバーをZenlogicに乗り換えのご紹介でした。ぜひ、参考にしてみてくださいね!



「常時SSL」のためのレンタルサーバーZenlogic

こちらに、サーバー移行の準備について紹介されています。
★参考:サービス移行までのステップ(zenlogic.jpサイトへ)
もし、乗り換えされる場合は、サーバー移行に1~2ヶ月の猶予が必要ですので、事前に確認するといいと思います!

あなたもフリーランスはじめませんか?

フリーランスのデザインのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※デザインのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。