年賀状はどうやって印刷しますか?印刷にこだわるデザイナーにおすすめの方法

年賀状のデザインができあがったら、ハガキを郵便で送る場合は、印刷(プリント)が必要ですね。皆さんは、どうプリントしていますか?

年賀状はどうやって印刷しますか?印刷にこだわるデザイナーにおすすめの方法

自宅で印刷する場合、プリンタの性能にかなり左右される

って、普通は自宅のプリンターで印刷ですよね。実は、私の家のプリンターは・・・正直、良い色がぜんぜんでません。しかも、濃度が薄いです。コピーやネットの情報をプリントアウトするくらいなら、それで充分なのですが、せっかくのハガキ印刷となるとちょっと残念です。そんな場合、どうしますか?

<デザイン面(表面)>
・プリンターをいい機種に替える
・プリントサービスに依頼する(注文する)

<宛先面>
・家のプリンターで充分!

年賀状のプリント(印刷)の仕上がり具合ってそんなに重要?

私の家のプリンターは「brother」のプリンタです。まだ在宅でデザインの仕事をする予定のなかった時に、かなりお手頃価格だったので購入したものです。そう、ここがポイントだったんですよね。在宅でデザインの仕事をしていなかった頃なら、普通のプリンタで充分なのですが、いざデザインの仕事をすると・・・実際の「色味」を確認しないといけない時があります。特にグラフィックデザインのお仕事の時ですね。

プリンターで色味を確認するとき、安いプリンタ用紙に、家のお手頃プリンタだと、正確に再現することはほぼ無理でした。やはり、そこそこ良いプリンターに替えないと、無理なんですよね。年賀はがきも同じです。ハガキの紙質はそれなりに良いのですが、プリンターの性能によって、印刷の上がり具合がぜんぜん違います。今の、家のプリンターだと、残念ながら年賀状印刷するには不十分です。

あと、耐久性も問題なんですよね。インクの定着具合や、インクの耐久性(耐光性)です。耐久性がないと、数ヶ月でインクが「あせて」色が変わってしまいます。年賀状って、意外に思い出として(?)残しておく方も多いですよね。

たかだか、個人の年賀状・・・と思ってしまいますが、デザイナーの性分なんでしょうか。せっかくデザインしたんだったら、印刷の仕上がりもいいものにしたい!という欲がでてきます。仕上がりの質を追求したい!こういう気持ちは、デザイナーにはとても大事なんじゃないかな、と思います。

家のプリンタで大丈夫?プリンターをいい機種に替えるには

デザインのお仕事でそれなりに報酬を得られるようになったら、プリンタはいいものにするべきかな、と思います。いわゆる、投資です。それでは、どんなプリンタがいいのでしょうか?

グラフィックデザインをしていたとき、良く耳にしていたのが、「OKI」「ゼロックス」「マイクロライン」などです。当時は、事務所用のレーザープリンタがメインでした。いわゆる、プロのデザイナー向けです。もちろん、「OKI」「ゼロックス」「マイクロライン」なども、家庭用のレーザープリンタを取り扱っていますが、維持費がかなりかかるのが難点のようです。

ちなみに、インクジェット印刷機は、その名の通り、液状のインクをジェット噴射で吹き付ける印刷で、レーザー印刷機は、レーザー照射部分にトナーを転写・定着させる印刷です。一般的に、インクジェット印刷のほうが、「インクの盛りが多くなるので、色が濃い」とされ、レーザー印刷機は、印刷スピードが早いです。どちらの印刷機が良いか、というと、かつてはレーザープリンターの方が、色の再現性が良いと人気でしたが、正直私の感覚では、インクジェットプリンタの方が、インクの「発色が良い」と思います。といっても、安価なプリンタだと厳しいですが。

一般的なインクジェットプリンターで人気なのは、やはり「エプソン」「キャノン」「brother」のインクジェットプリンタですね。しかし、私が今までに実際に使用した感想を踏まえると、上記のメーカーのものでも、そこそこの上位機種でないと、よい印刷はできないと思います。

どのプリンタを選ぶかについては、ネットで評価や比較がたくさんされていますので、そういう情報を参考にしつつ決めるのが良いと思います。

もっと印刷の仕上がりにこだわるなら、ネットの印刷サービスに注文する!

しかし、在宅WEBデザイナーとしては、家のプリンタにそこまでこだわらなくていいかも知れません。必要な時に、専門業者に頼んでしまえばいいわけです。最近では、ネットで注文できる、安い印刷サービス業者がたくさんありますね。小ロット、短納期対応。小ロットの場合は、通常の(業務用)印刷機を使用するのではなく、小型のインクジェット印刷機を使用しているようです。それでも、家庭用のお手頃インクジェット印刷機とは違い、かなり良い仕上がりで上がってきます。

プリントパック

安くて良い印刷をしてくれるネット印刷サービスです。私も、かなり利用させて頂いているので、おすすめです。サービスには、郵便で使用できるお年玉付き年賀はがき代込みの、年賀状の印刷サービスもあります。なんと8部から印刷できるようです。もちろん、数が増えるほど安くなります。また、印刷納期(自分の手元に届くまでの日数)が、当日~7営業日まであり、納期が長いほど安くなります。要するに、余裕を持って早めに印刷注文すれば安くできます!

40枚印刷で、最長納期で3,060円で、私製はがき(要52円切手)で1,170円です。それなりに値段はしますが、プリンタを新しく購入するよりは安いですよね!しかも私製はがきなら、紙質もいろいろ選べますね。
★プリントパック サイトはこちら→

印刷通販グラフィック

京都の印刷会社さんで、昔からよく使用していました。正直、他の激安印刷サービスに比べると安くはないですが、印刷の仕上がりと、紙質が豊富な点で、とても良いサービスです。グラフィックを利用するなら、官製はがきよりも、私製はがきにして、紙質にこだわるのが一番おすすめです!何度もいうようですが、決して安くはないですが、印刷や紙質までこだわったデザインにするなら、利用したい印刷サービスです。
★グラフィック サイトはこちら→

その他にも激安印刷サービスはありますが、私が経験したなかでオススメできるサービスは、この2つですね。

宛先面は宛名印刷専用のフリーソフトを使用しよう!

宛先面の印刷は、やはりなんといっても宛名印刷専用のソフトを使用して、家のプリンタで印刷するのが一番ですね。宛名印刷のフリー(無料)のソフトもたくさんありますので、実際に使ってみて、使いやすいものを選ぶと良いです。Excelで住所や宛名のデータを準備し、それを取り込んで、プリントするだけです。毎年のことなので、Excelで管理できるのがいいですよね。ちなみに、私はフリーソフトの「はがき作家(サイトはこちら→)」を使用していました。

もちろん、手書きでもいいですよね!より心がこもっている感じがして、好印象です。時間があれば、私も手書きにします。最近、手書きで文字を書くことが少なくなったのもあるので、意識的に「手書き」するようにしています。無心で書けるので、結構楽しかったりします♪

以上が、印刷にこだわるデザイナーにおすすめの方法のご紹介でした。そういえば、印刷サービスに出す場合には、「ハガキデザインの入稿データの作り方」にもポイントがありますね。また、入稿データの作り方も記事にできればと思います。ぜひ、みなさんも年賀状の季節を乗り切ってくださいね!

あなたもフリーランスはじめませんか?

フリーランスのデザインのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※デザインのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。