『都心の保育園で園庭があるのは3割未満』 働く女性が悩める「子どもの運動能力」

少し前のNHKのニュースで気になる話題がありました。絶賛、子育て中の私にはとても重要なニュースです。

『都心の保育園で園庭があるのは3割未満』 働く女性が悩める「子どもの運動能力」

『保育所の園庭に地域差 都心では3割未満』

待機児童対策で保育所の建設が進む中、東京郊外や地方都市にある多くの認可保育所が「園庭」を持っている一方、東京都心の一部の自治体では「園庭」を持つ保育所の割合が3割に満たないなど地域による差が大きいことが民間団体の調査でわかりました。

専門家「部屋の中でも運動を」
このうち平成21年に庭のある保育所とない保育所、それぞれに通う子ども合わせて60人余りについて調べたところ、園庭のある保育園では年長の男の子の歩数の平均が6328歩だったのに対し、園庭のない保育園では5072歩で、園庭のない保育園に通う子どものほうが1000歩程度少ないことがわかりました。

★以下、全文を読む→

特に「園庭」がない保育園の多い地域は、東京23区内なんですね。児童の運動不足は前から問題になっている事柄ですね。一方で、待機児童の問題もあり、なんとかして作った保育園には園庭がない・・・という、かなかな解消できない問題が、積み重なっているのですね。子育て中も働きたい女性にとっては、本当に悩ましい問題です。

子供の体を作るうえで一番重要な時期が保育園(もしくは幼稚園)

保育園や幼稚園に通う年齢というのは、子供の体を作るうえで一番重要な時期だそうです。すなわち、その時期に、運動をすることでしっかりとした体を作っておかないと、小学生になっても病気やケガをしやすくなったりと、良くないことが多いわけです。このことは、私もかなり実感しています。

幸いなことに、私の子どもが通っている保育園には、小さいながらも園庭があります。そして、かなり「体育会系」な保育園です。朝はストレッチから始まり、床のぞうきんがけ、真冬でも半ズボンに裸足です。正直、はじめはかなり心配になりました。

子供はもうすぐ年中組が終わる年齢なのですが、この保育園に通い始めてから、風邪などの体調不良で休むことがほぼなくなりました(あっても年1回くらい)。ここなんですよね、実感するのは。この時期にたくさん運動をさせることは、本当に大切なんだなと思います。

子育て中で仕事をしていると、子供の体調不良で休まないといけない場面は必ずあります。もちろん、子供第一ですので休ませて頂きますが、それも一週間だったり、冬はしょっちゅうだったりすると、かなり「気が引けますよね」。会社ってそんなものですよね。

選べるなら「子供が健やかに育つ」環境でできる働き方が、いろんな意味でベスト

だからというわけではないですが、もしフリーランスのWEBデザイナーを目指すのであれば、やっぱり郊外住みがベターだと、改めて思います。郊外もしくは田舎なら、待機児童問題もないですし、園庭がある保育園も多いです。女性の働き方が多様化してきた今、選べるなら「子供が健やかに育つ」環境を重要視するのも、大切なことなのかな、と思います。

子育てに一段落したママさん、高額報酬のモニターはじめませんか?

好きなときに好きなだけモニターに参加できるので、ご自身の都合に合わせて進められる魅力的なお仕事なので、子育て復帰のお仕事に最適ですよ。
短期間でお金を稼ぎたい方必見!簡単!未経験でも大歓迎!副業もOK!

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。