まるでphotoshop!?画像加工フリーソフト「PIXLR」を使ってみた感想

まるでphotoshop!?画像加工フリーソフト「PIXLR」を使ってみた感想

こんにちは、WEBデザイナーのゆずりはです。

またまたですが、無料で使える画像加工フリーソフトのレビューをしたいと思います!

今回ご紹介するのは、日本語対応のブラウザ上で使える写真・画像加工フリーソフト「PIXLR」です。

今までに数種類、画像加工のフリーソフトを使ってみましたが、今回のはかなり良かったです・・・!

簡単に使える!というほどではないのですが、高機能でまるで デザイナーに人気のソフトphotoshopのようでした!

早速ですが、「PIXLR」を使って、アフィリエイトブログのヘッダー画像を作ってみたいと思います。

ブラウザツールの画像加工ソフト「PIXLR」とは

画像加工フリーソフト「PIXLR」はブラウザで利用できるサービスです。

「PIXLR」サイト:https://pixlr.com

PROという有料プランもあるようですが、まずは無料プランで試してみたいと思います。

画像加工フリーソフト「PIXLR」の対応環境は?

ブラウザ編集ツールのため、必要なのはパソコンのみで、winでもmacのどちらでも利用可能です。

Google chrome/Firefox/Microsoft Edgeの最新バージョンで利用できることを確認できました。

サイトは英語ですが、ツール編集画面では完全日本語対応していますね。

画像加工フリーソフト「PIXLR」の使い方

トップページの「OPEN PIXLR EDITOR」をクリックし、編集画面へ進みます。

ページを進むと、「アド・ブロック機能」を使っている場合に、その機能をオフにしないと使えない旨の表示がでます。

ウイルスソフトを入れている場合などはアドブロックされていることがありますので、このサイトに限り設定をオフにしましょう。

次にFlash Playerが入っていない場合に、インストールを求める表示が現れます。

ブラウザによってはサイトごとにFlash Playerの許可をしないといけないので、許可するようにしましょう。

設定ができていれば、このような画面になりますので、一番上の「新しい画像を作成」で自由に編集してみたいと思います。

ブログのヘッダー画像を作成してみようと思いますので、横長のキャンバスを作ります

すると真っ白なキャンバスが表示されますので、まずは自分で撮影した写真を取り込んでみましょう。

上部「レイヤー」のタブから「画像をレイヤーとして開く」で取り込むことができます。

画像サイズそのままで表示されますので、「編集」→「自由変形」で縮小します。

この画像編集ツールはレイヤー機能がありますので、別の画像も取り込むことができます!

さらに、レイヤーごとにマスクがかけられますので、加工してみましょう。

マスクしたい部分を選択し、レイヤーのマスクをクリックします。

すると、このようにマスクされます。

マスクの範囲はブラシなどで変更することもできますね。(ブラシで描いた緑色のマスク範囲を付け足します)

写真が少しくらいので、明るく調整します。

「調整」タブには各種補正ができますので、トーンカーブで明るさを調整してみます。

次に、テキストを入れていきましょう!

文字ツールはフォントサイズ、色、種類などすべて指定することができますね。

サブタイトルは図形の上に文字を乗せてみます

図形は後で色の変更などができないみたいですので、あらかじめ上部でボーダー、色の設定をしておきます。

なお、図形は四角、角丸、円、線のみのようですね。

ブラシで自由に描けるツールがありますので、新しいレイヤーを作り、そこにブラシで絵をかいてみました。

文字の配置を調整し、完成です!

(ちなみに、レイヤーを複数まとめて選択することができないので、一つずつ移動させました。)

では、「ファイル」→「保存」でパソコンに保存しましょう。

保存形式はjpg、png、bmp、tiff、pxd(PIXLR専用拡張子)で保存できるようですね。

保存したヘッダー画像はこちらです。
↓↓↓

かなりこだわった加工ができました!

画像加工フリーソフト「PIXLR」でできること

  • 写真の補正、レタッチ
  • 写真の切り抜きや回転、リサイズ
  • 写真の色調補正(シャープやぼかし)
  • テキスト装飾
  • 図形の追加(四角、角丸、円、線のみ)
  • 手書きブラシでの加工
  • レイヤーで写真を複数配置
  • マスク機能

無料で使える「PIXLR」でおすすめの画像加工はこれだ!

この無料の画像加工ソフトを使ってみて思ったことは・・・フォトショップと似ている!ということでした。

編集ツールのタブやツールバーが、photoshopと似ていますし、何よりできることが多い!!

何よりもレイヤー機能があるので、いくらでも重ねてデザインすることができ、また、「ヒストリー機能」もあるので、間違えても数回前までやり直しができます

マスクもできるので、人物やモノの切り抜きもできますので、バナー画像を作るのにも適しています。

これはかなり使えるブラウザ画像編集サービスだと断言します!

残念なのは、図形の種類が限られているのでところでしょうか。

他の画像加工フリーソフトは、挿入できるイラストの種類が豊富でかわいいものも多いのですが、PIXLRはまったくないみたいです。

ただ、例えば透過pngで保存されたフリー素材のイラストを、画像としてレイヤーに取り込めば、多少手間はかかりますが、それで問題ないと思います。

また、できた画像の保存は、「PIXLR」アカウントを作成しなくてもできるのがうれしいですね!

なお、ブラウザ上での操作は、遅延もエラーもなく、かなり快適な環境で画像を編集することができました。

ということで、画像加工フリーソフトの「PIXLR」は、ヘッダー画像、バナー画像、ボタン画像、記事写真などあらゆる画像加工に使えるツールでした!

あなたもフリーランスはじめませんか?

フリーランスのデザインのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※デザインのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。