ドメインURLの「サブドメイン」と「ディレクトリ」の違いとSEOの影響

ドメインURLの「サブドメイン」と「ディレクトリ」の違いとSEOの影響

こんにちは、ゆずりはです。

「サブドメイン」や「ディレクトリ」という言葉を聞いたことがありますか?

これらのワードはドメインに関するWEB用語であり、WEBの基礎知識でもありますね。

両方ともドメインに関する事なのですが、初心者だと何のことかさっぱり解らない、という方も多いと思います。

今日は、サイトやブログを作る時にとても重要な「ドメイン」に関係する、「サブドメイン」と「ディレクトリ」ついてご説明したいと思います。

サブドメインとは<基礎知識>

まず、ドメインというのは、ブログやサイトを立ち上げる際に、必ず必要なものです。

ドメインとは

無料ブログを開設する場合には、必ず「ドメイン」を与えられます。

また、「独自ドメイン」と呼ばれている、自分で好きにドメイン名を決めて購入できるものも、同じく「ドメイン」です。

さて、この無料ブログで多いのが「サブドメイン」形式なんですね。

サブドメインとは

※ここでは、はてなブログで解説します。

このように、ドメインの前に「.(ドット)」で区切られている前の部分があるものですね。

※ドメインを取得する際は、「-(ハイフン)」は使用できますが、「.(ドット)」は使用することができません。

はてなブログの固有のドメインである「hateblo.jp」のサブドメインということになります。

サブドメインは何個でも作成できますので、「@@@@@.hateblo.jp」(※@@@@@は、はてなユーザーが決められる部分です)というサブドメインが、みんなに与えられています。

ディレクトリとは<基礎知識>

次に「ディレクトリ」ですが、下記のような形になっています。

ディレクトリとは

例としてameba(アメーバ)ブログで開設したときに与えられるURLが「ディレクトリ」形式になります。

「/(スラッシュ)」で囲まれた部分がディレクトリです。

この場合のドメインはあくまで「ameblo.jp」で、サイトURLが「ディレクトリ名」を含むフルパスとなります。

ディレクトリも、サーバーの容量が許す限りいくらでも作成できますので、それぞれamebaユーザーが決めた名前の数だけ存在するわけですね。

サブドメインとディレクトリのSEOの影響は?

これらの違いですが、URLの文字列が単に違うというだけでなく、根本的に仕組みが違います。

サブドメインとディレクトリの図解

このように「サブドメイン」は別々のブログ・サイトとして扱われます。

そのため「サブドメイン」同士は、SEOに全く影響しません。

一方で、「ディレクトリ」は同じ大きなサイトの中の、1つのコンテンツとして扱われます。

なので、「ameblo.jp」のSEO効果の影響をそのまま受けます。

単純に考えると、「ameblo.jp」は莫大なページ数を持つサイトとなりますから、SEO効果はすごいですよね。

ただ、ブログとは個々で別々のテーマを扱うものですので、キーワードもバラバラなため、特定のキーワードに強いということはありません。

(※「ディレクトリ」別に特定のキーワードを強くすることは可能です)

あと、アメブロ・ユーザー同士がリンクで繋がっていても、あくまで「内部リンク」になってしまいます。

一方で、「サブドメイン」同士がリンクで繋がっていると、「外部リンク」からの被リンクを受けている状態になります。

要するに、「サブドメイン」も「ディレクトリ」も、仕組み自体が違いますので、メリットデメリットが違うんですね。

まとめ

今までの内容をまとめます(ついでに取得方法もご紹介しておきますね)。

サブドメイン

■形式例:
(サブドメイン名).hateblo.jp

■SEOの影響:
サブドメインは個別のドメインとして扱われる
サブドメイン同士がリンクを受けている場合「外部被リンク」となる

■独自ドメインでのサブドメインの取得方法:
レンタルサーバーのコントロールパネル等で設定を行う
(なお、サブドメイン使用料は不要)

■サブドメンの数:
無制限
※ただしレンタルサーバーによっては数が制限されている

ディレクトリ

■形式例:
ameble.jp/(ディレクトリ名)/

■SEOの影響:
ディレクトリで分けられてるだけなので同じドメインとして扱われる
ディレクトリ同士がリンクを受けている場合「内部被リンク」となる
ディレクトリ別に特定のキーワードを強くすることもできる

■独自ドメインでのディレクトリの取得(生成)方法:
レンタルサーバーのFTPなどで「下層フォルダ」を作る
※ワードプレスの場合は管理画面で行います

■ディレクトリの数:
無制限

こう見ると当然、無料ブログの場合、立ち上げ時は「ディレクトリ」形式のほうがSEOに強くなりますね。

独自ドメインの場合でも、ドメインを育てた後だったら「ディレクトリ」で新たなコンテンツを立ち上げれば、SEOの効果を受けている状態で運用することができます。

もし外部被リンクの効果が必要な場合は、サブドメインなら無料ですし、サブドメインで立ち上げてリンクを張ることもできますね。

「サブドメイン」や「ディレクトリ」など、WEB用語は本当にややこしいものがたくさんです(笑)

でも、しっかりとその仕組みや知識を知ることで、インターネットという広大な世界の仕組みが理解できるようになり、ネットビジネスも優位に進めることができます。

一緒にがんばりましょうね^^

あなたもフリーランスはじめませんか?

フリーランスのデザインのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※デザインのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら