小学校でプログラミングが必須になったけど親はどうすればいい?

小学校でプログラミングが必須になったけど親はどうすればいい?

こんにちは、ゆずりはです。

2020年から小学校でプログラミングが必須科目になると聞き、一応WEBプログラミングを使っている私は、これは積極的に取り入れなければ!

と、子供にプログラミング教室へ通わせています

その具体的なプログラミング教室の体験談については、別の記事でご紹介しようと思うのですが、今回は、まずは「プログラミングが小学校で必須になる」とはどういうことなのか?

『いつから、何年生から、どのようにして』

すごく疑問に思いましたので、そのことについて調べてみたいと思います!

小学校のプログラミング必須化はいつから?何年生から?

小学校のプログラミング必須化はいつから?何年生から?

これはご存じの方も多いと思いますが

いつから⇒2020年度(4月から)
何年生から⇒特に明記されていない?

いろいろ資料を見たのですが、何年生からというのは特に明記されていないようですかね?(間違っていたらすみません)

ちなみに、私は昨年、小学校の先生にプログラミング授業について質問してみたのですが、通っている公立小学校では「3年生」からプログラミング授業がはじまるということでした。

まあ、プログラミング教室の募集も小学2年生からとかですし、本格的なプログラミングは高学年からとなっていますもんね。

そうそう実は我が子は、2020年4月からちょうど3年生になるんですよね。

まさに、はじまりの年からではないか!!

通っている小学校にはすでに「コンピューター教室」があるらしく、そこでの授業になるみたいです。

ただ、1クラス全員分のPCはないみたいなので、どんな感じの授業になるんでしょうね。

プログラミングが小学校で必須化された経緯・背景は?

プログラミングが小学校で必須化された経緯・背景は?

プログラミングが小学校で必須化になる!と、ネットで調べるなら、公的なサイトが一番信頼できますね。

詳しく知るなら

プログラミング教育:文部科学省

ここですよね。

文部省のサイトには、たくさんの資料があるのですが・・・正直、お固すぎて読んで理解するのが大変です(笑)

そこで、もう少し優しく解説してくれるサイト

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル Powered by 未来の学びコンソーシアム

こちらのようです。

なぜプログラミング教育を進めるのかという背景については、こういうことみたいですね。

【知識及び技能】
身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。

【思考力、判断力、表現力等】
発達の段階に即して、「プログラミング的思考」を育成すること。

【学びに向かう力、人間性等】
発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。

小学校プログラミング教育の手引(第二版)

AIがどうとか自動運転がどうとかそういう話題の多い昨今ですから、プログラミングが必要なのは言わずとも解ります。

ただ、プログラミングといっても「コードを覚える」ってことだけではなく、そういう思考力を身につけよう!ってのが一番大切みたいですね。

我が国の競争力を左右するのは何か。それは「IT力」です。

現に、90%の職業が、少なくとも基礎的なITスキルを必要としていると言われており、多くの国や地域が学校教育のカリキュラムの一環としてプログラミングを導入しています。

「小学校プログラミング教育必修化に向けて」パンフレット

今の子供たちが就職する未来には、ほぼ100%がIT化しているだろうから、当然と言えば当然なのかもしれませんね。

小学校で必須化になるのなら、プログラミング教室に通うべき?

小学校で必須化になるのなら、プログラミング教室に通うべき?

プログラミング教室に通うべきか、通わないでいいかというと、できれば通わせてあげるほうがいいと思います。

というのも、小学校でプログラミングを教えられる先生や環境を、どこまで整えられるかという問題があるからです。

じゃあ、プログラミング教室に通おう!と言っても、どこへ行けばいいの?って話ですよね。

調べてみると、「ロボット系プログラミング」が大々的に広告を出しているのでよく見かけますね。

ロボットを組み立てながらプログラミングを習得できる、何とも子供が好きそうな内容ですが、お値段もそこそこなんですよね!(笑)

あとは、ローカルな普通のプログラミング教室もたくさんあり、そこでは主に「scratch(スクラッチ)」や、「visauit(ビスケット)」など、ビジュアルでプログラミングができるものや、WEBアプリケーション、Photoshopなどの編集系ソフトの使い方を学ぶのが基本みたいです。

あと、一番面白そう!と思うのは、「教育版マインクラフト」を利用したプログラミング教室ですね!

「マインクラフト」+「scratch(スクラッチ)」を合わせたプログラミング教室もあり、かなり子供も興味深々でした。

ちなみに、TVゲームの「マインクラフト」は、北欧のどこかの国では小学校の授業に取り入れているなどされているほどで、ただの「ゲーム」ではないことは確かです。

「レッドストーン」を使った回路の組み立てなんかは、大人でも普通に難しいですからね(笑)

親がすべきことは学べる「環境を用意」してあげること

親がすべきことは学べる「環境を用意」してあげること

ということで、小学校でプログラミングが必須化する!ということについて、詳しく調べてみました。

私自身もWEB系のプログラミングしか知りませんし、C言語やらBasicやらJAVAやら全然わからないのですが、そういうのはもう少し後みたいですね。

ロボット系のプログラミング教室は面白そうですが月謝がちょっと高いですし、無理せずローカルの普通のプログラミング教室でも十分だと思います。

正直、親がパソコンに詳しいのであれば親が教えてあげるのもありですし、高学年になってくれば、自分で独学でプログラミングを勉強するのも可能ですしね。

ネットでは無料のプログラミング学習ができるサイトもありますしね。

とはいえ!

自主的にプログラミングを学習するような子供はなかなかいないですし、まずはプログラミング教室の体験に行かせるのが一番いいかなと思います

プロに任せるのが一番というか(笑)

あとは子供にどこまで、パソコンなどの「環境を用意」させてあげられるかですね。

我が家は幸いなことに、プログラミング教室の体験に行ったら、めっちゃ楽しかったらしく、ウキウキで教室に通っているのでよかったです。

子供って吸収が早いから、すぐに追い抜かれるだろうな(笑)

あなたの子育ての参考になれば幸いです♪

子育てに一段落したママさん、高額報酬のモニターはじめませんか?

好きなときに好きなだけモニターに参加できるので、ご自身の都合に合わせて進められる魅力的なお仕事なので、子育て復帰のお仕事に最適ですよ。
短期間でお金を稼ぎたい方必見!簡単!未経験でも大歓迎!副業もOK!

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら