育児をしながら在宅でできるイイ仕事を見つけた!<東京都37歳さんの体験談>

東京都/女性・37歳/子どもあり
仕事:在宅アルバイト講師

私は妊娠するまで塾の講師をしていました。小学生や中学生の勉強を指導したり、高校受験や大学受験、就職試験のための小論文の書き方を教えていました。ですが出産後に講師として教壇に立つことは断念しました。

女性の講師はほとんどが育児中のために退職します

女性の講師はほとんどが育児中に退職します。学校が終わった後の子供たちの勉強をみる仕事は、同時に自分の子供が保育園や学校から帰ってきた時に仕事に行くということになってしまうからです。

交代制の夜勤の仕事とは違い、講師の場合は必ず自分の子供とすれ違うことになりますので多くの女性が続けることを躊躇します。退職したあと自宅を個人塾にする人もいるので私も考えたのですが、それでは会社員の夫が気が休まらないだろうと思いやめました。

そのまま専業主婦をしばらく続けていたのですが、ある日塾で教えていた元生徒たちから要望の電話が数件かかってきました。それは大学受験のための小論文の添削をお願いしたいというものでした。

女性の講師は育児のため退職。添削だけなら在宅でも仕事ができる!

添削だけなら会うのは作文を預かる時と返却時のみ。会わずにメールで指導も可能!

添削なら会うのは作文を預かる時と返却時のみですし、会わずにメールで指導も可能です。これなら育児との両立も余裕です。もちろん講師をしていた時とは比べ物にならないくらい低い収入になってしまいました。でも子育てをして自宅にいながら空いた時間で多少なりともお金を稼ぐことができるのはとても嬉しいものです。

生活にすごく張り合いがでました。子供の成長に合わせて引き受ける仕事の量を増やしていけたらと楽しみでなりません。

少しでも講師のお仕事を在宅で続けて、子どもの手が離れたら本格復帰という方法もあるのですね。スキルを持っているのはいろいろ便利なのですね。

子育てに一段落したママさん、デザイナーという在宅お仕事はじめませんか?

主婦が在宅で仕事をするならデザイナーというお仕事がオススメです。というのも「手に職」のお仕事は報酬もかなり期待できるからですね。子供が学校に行っている間に在宅でデザインの勉強ができるのが、オンラインスクールのいいとろこです。
※スカイプの無料体験レッスンもあり!⇒CodeCamp WEBデザインコースはこちら

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。