会社を辞めて未経験でフリーランスのWEBデザイナーになる方法

こんにちは、ゆずりはです。

会社員を辞めて未経験でフリーランスのWEBデザイナーになる方法

私は以前、会社でグラフィックデザイナー、WEBデザイナーとして働いた経験があり、その後、会社を辞めフリーランスとして活動をしています。

私の場合、デザイナーとしての実績がある上でフリーランスになったわけですが、もし、未経験の場合ならどうなのか?ということについても考えてみました。

というのも、WEBデザイン未経験で転職したいけど、どうすればいい?と悩んでいる方が多くいらっしゃるようで、私なりのアドバイスとして、その方法をご紹介したいと思います。

1)未経験でもOKのアルバイトをしながら制作活動をする

まずもって、未経験者がいきなり「フリーランス」になる、というのが一番の難関ですね。

そのため、会社を辞めるなら、次にすぐ、WEBデザイン未経験でもOKの仕事をしながら勉強し、実績と経験を1年ほど積んでから、フリーランスになるという方法が考えられます。

しかし、求人情報を見ると、中途採用で「未経験」で正社員採用してくれる会社はほとんどなく、派遣やバイトでの採用が多いです。

会社員時代よりも収入は確実に下がってしまいますが、時間の調整しやすいバイトという立場なら、仕事をしながらWEBデザイン経験を積み、そのかたわら、勉強したり自分の制作集(ポートフォリオ)を作っていくことができます。

また、バイトのない時間にフリーランスの活動を並行してはじめることもできますし、そうやって徐々に移行していくのが、ステップとしては理想的ですね。

2)ブログ・アフィリエイトをしながらWEBデザインスキルを習得する

デザインを習得したい方には、あまりピンとこないかも知れませんが、未経験者がフリーランスになるのに、最も収入的なリスクの低い方法があります。

初心者でもはじめやすく、副業でも取り組みやすい、ブログ・アフィリエイトをしながら、WEB制作スキルを習得するというものです。

まずアフィリエイトで安定した収入を確保した上で、在宅でデザインの勉強もするのですね。

ただ、デザインを習得する方法としては、少し遠回りになるかも知れません。

しかし、アフィリエイトははじめこそ作業時間が必要になりますが、報酬が増えてくれば、作業を少し休んでも収入が確保できるというメリットがあります。

その空いた時間に、WEBデザインの勉強を、余裕をもってすることがでるんですね。

3)クラウドソーシングサービスを利用して、未経験から実績を作る

ネットの仕事受注サービスを使って、未経験から実践で経験を積み、ポートフォリオを充実させていく方法です。

フリーランスで仕事をもらう際は、実務経験を求められるケースが少なくはないですが、ポートフォリオさえ提出すれば受けられる仕事もあります。

そんな仕事をどこで受けるかというと、「ランサーズ」というクラウドソーシングの仕事紹介サービスなんですね。

ランサーズ」での仕事案件を見てみると、応募のハードルが低いコンペ形式の仕事があります(その代わり受注確率も低くなります)。

そういったサービスを使って仕事を受けながら実績をため、経験を積んでいくわけです。

もちろん、制作物が全くないデザイン未経験者が、いきなり仕事を受注できるほど甘くはありません。

活動はじめる前に最低限、2~3つくらいの自作のデザイン制作物を作れるように準備が必要です。

そして、デザイン制作物を作るには、当然、基礎のWEBデザインの勉強・習得が必須になる、という風にだんだんと「必要な行動」が解ってきます。

WEBデザインの勉強・習得をするためには、ざっくりと以下のようなパターンが考えられますね。

a)会社在職中に、独学で勉強する
b)会社在職中にWEBデザインス・クールで勉強する(2~3ヶ月)
c)会社を辞めた後に集中してWEBデザイン・クールで勉強する(1ヶ月以内)

上から順に、習得期間が短かくなっていきますが、その代わりにお金とリスクが高くなります。

ただ、はっきり言って、社会人が本当にデザイナーに転身したいと思っているなら、a)の選択肢は考えられません。

年齢を考慮し、b)やc)などの自己投資を考えるべきだと思います。

私が思う最適な社会人向けのWEBデザイン学習は、「オンラインで自宅で学ぶ」という方法ですね。

オンラインでのWEBデザイン講座なら、自宅で学習するため「通う」手間が省け、さらには「会社在職中パターン」のコース、「集中して学ぶ」パターンのコースもあり、価格も10万円台とかなり現実的なんですね。

自宅でWEBデザインを学べるスクール「CodeCamp」を見てみる

会社員を辞めて未経験でフリーランスのWEBデザイナーになる方法まとめ

私なりにWEBデザイン未経験の場合にできることを考えてみました。

1)未経験でもOKのアルバイトをしながら制作活動をする
2)ブログ・アフィリエイトをしながらデザインスキルを習得する
3)クラウドソーシングサービスを利用して、未経験から実績を作る

どのパターンでもリスクが伴います。

例えば、どのパターンでも「会社員時代よりも収入が下がる」期間が必ずあるということ。

また、効率的にスキルを習得しないと、実績がないまま年を重ねる一方で、その後何をするにも不利になってきます。

しかし、新しい事に挑戦する時は、リスクはつきものですね。

今回は、1)~3)の方法を簡単にご紹介させて頂きましたが、どの方法でも、かなりの努力とやる気が必要です。

新しい事を学ぶ際に、「モチベーション(やる気)の維持」というのは、とても大切になってきます。

モチベーションが保てず、あきらめる方もたくさん見てきました。

でも、モチベーションの保ち方というのは、意外とシンプルで、「自分は絶対に成功する」という、確固たる自信さえ持っていれば良いのです。

まあ、それが難しいということは私もよく知っています(笑)

モチベーションを維持するためには、効率的な時間の使い方も、非常に重要なんですね。

投資すべきところには投資をし、時間も手間も短縮して、効率的にスキルを習得することができれば、モチベーションの低下を防ぐことができるのです。

何歳になってもWEBデザインに挑戦することは可能だと思います。

未経験でWEBデザイナーに挑戦するには、かなり大変なことも多いですが、「気持ち」さえあれば必ず成功すると信じて、がんばってくださいね。

フリーランスのデザイナーを目指すならオンラインスクールで!

会社を辞めてフリーランスのデザイナーになるなら、基礎的な勉強を「在宅」でするのが一番の近道です。独学よりもスクールの方が断然、学ぶスピードが早いのは確かです!
※スカイプの無料体験レッスンもあり!⇒CodeCamp WEBデザインコースはこちら

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。