子育て仕事中の女性にとっての「ワーク・ライフバランス」という言葉

会社勤めの時に、「ワーク・ライフバランス」という言葉をよく聞きました。聞いたといっても、発言する人は社長や人事でした。その時は具体的な意味は聞きませんでしたが、働く女性にっとって「ワーク・ライフバランス」は大事だからしっかり考えてほしい、みたいなことを言われました。

少子化の現代社会で仕事と個人の時間、家事育児や介護などの両立バランスを考え調和をとる、という考え方

フリーランスのWEBデザイナーになって、あの言葉は一体何だったのだろうと思い返し、少し調べてみました。「ワーク・ライフバランス」は政府が推し進めている考え方(働き方)なんですね。

子育て仕事中の女性にとっての「ワーク・ライフバランス」という言葉

ワーク・ライフ・バランスって何?
皆さんは、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」という言葉をご存じですか?働くすべての方々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。
しかし、現実の社会では、「安定した仕事に就けず、経済的に自立できない」、「仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない」、「仕事と、子育てや親の介護との両立が難しい」などの理由で、多くの方がワーク・ライフ・バランスを実現できていません。
引用元: 知っていますか?ワーク・ライフ・バランス(政府広報オンライン)

我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。
誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。
仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。
そのような社会の実現に向けて、国民一人ひとりが積極的に取り組めるよう、ここに、仕事と生活の調和の必要性、目指すべき社会の姿を示し、新たな決意の下、官民一体となって取り組んでいくため、政労使の合意により本憲章を策定する。
引用元: 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章(内閣府)

すごく堅い文章ですね。要するに、少子化の現代社会で仕事と個人の時間、家事育児や介護などの両立バランスを考え調和とっていこう!そんでがんばって働いて!ということみたいです。

・安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない
・仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない
・仕事と子育てや老親の介護との両立に悩む

など仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られる。

よくわかってくれているじゃないですか!こういう問題を企業側でも考えて解決していくべき、と提唱されているようです。で、結局何をしてくれるのでしょうか?自分たちで考えろってことですか?前職では「ワーク・ライフバランス」にできるだけ協力するので、自分でしっかり考えましょうね、という感じでした。

・・・なるほど。

「ワーク・ライフバランス」については賛否両論

「ワーク・ライフバランス」について、ワークライフバランスコンサルタントの「小室淑恵」さんという方がいろいろ提案・発信されているようです。内容を拝見するとやっぱり「女性」についてのことが多いようでした。「定時に帰る」や「育児と仕事のサポート」「介護と仕事両立」など、どちらかといえば女性が注目するような内容です。「ワークライフバランスコンサルタント養成講座」なるものもあるのですね。
参考サイト: 株式会社ワーク ・ライフバランス

さらに調べてみると「ワーク・ライフバランス」はナンセンス、と批判されてる方もいらっしゃいますが、面白いことに「男性」ばかりでした。

ワークライフバランスという言葉があります。あの言葉、実にナンセンス、根本から間違っていると思います。
引用元:  ワークライフバランスだなんてとんでもない(日経ビジネスオンライン)

若いころは「ワークバランス」ではなく、「ワークワーク」が当然
引用元:  若者にワークライフバランスなんていらない(東洋経済ビジネスオンライン)

それなのに「ワークライフバランス」と言われると、まるでワークとライフを別ものにとして考えろと、会社から強制されているかのような印象を受けてしまう。これが、ワークとライフを区別して考えない頑張り女子が、ワークライフバランスと言われるとイラッとくる理由だ。
引用元:  頑張り女子をムカつかせる「ワークライフバランス」という言葉(ダイヤモンド・オンライン)

これらの記事を読みましたが、どうも私になげかけられた「ワーク・ライフバランス」とちょっと違う気がしました。なんか「ワーク・ライフバランス」について、少し意見がバラバラではないですか?

私は単純に「家事・育児や介護」と「仕事」の両立を社会全体で真剣に考えよう、企業も理解しよう、という前向きな考え方だと思っていました。それで、女性の社会進出を応援しよう、みたいな。それなら、ワークライフバランスコンサルタントの小室淑恵さんの意見のほうが前向きでいいです。そんな中で「頑張り女子」とか言われても、その女子誰ですか?って感じですね。これらの記事を執筆されている方々は、育児や介護をしたことがあるんですかね・・・。成功している人たちって仕事中心ですもんね・・・。

わかったことは・・・育児中の働く女性に趣味や余暇を楽しめる時間と経済的余裕をください!それで充分

「ワーク・ライフバランス」は人によってぜんぜん違うものだとわかりました。自分以外の立場の方の「ワーク・ライフバランス」を考えろといわれても、さっぱりわかりませんが、「子育て中の仕事持ちの女性」の「ワーク・ライフバランス」ならいくらでも考えられます。

会社が「家事・育児や介護」の大変さをわかってくれて、夫が手伝ってくれればそれでいいですよね。あと、賃金もUPしてもらえば・・・。保育士さんの給料をUPして、保育園を増やすのもお願いします。バランスは個々それぞれですし、生活に余裕ができる分くらい仕事ができて、子供にかまう時間も充分作れて、温泉に行ったりお稽古したりして生活を楽しめればいいです。

結局、「ワーク・ライフバランス」についてふんわりとしか理解できなかったです(笑)評価はどうあれ、こういった考え方をしよう!という流れはとてもいいと思います。この流れで働きやすくなればいいなと思います。私も、子育てフリーランスのWEBデザイナー仲間が増えることを願い応援しています!というか自分ががんばらないとですね(笑)

30代、40代の子育てしながら在宅WEBデザイナーを目指す女性への、ひとつの情報源やネタになれば幸いです。みなさんも、自分のペースでがんばってくださいね!

子育てに一段落したママさん、高額報酬のモニターはじめませんか?

好きなときに好きなだけモニターに参加できるので、ご自身の都合に合わせて進められる魅力的なお仕事なので、子育て復帰のお仕事に最適ですよ。
短期間でお金を稼ぎたい方必見!簡単!未経験でも大歓迎!副業もOK!

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。