SEO対策に必要なmeta情報を個別に設定するのはなぜ?~WordPressで自分のブログを作る

WordPressはdescription(ディスクリプション)とkeywords(キーワード)のmeta(メタ)情報は、デフォルトの状態では個別に設定することができません。また、使用するテーマによってはページのtitle(タイトル)、h1あたりも共通な指定のものがあります。

SEO対策に必要なmeta情報を個別に設定するのはなぜ?

そもそもSEO対策に「meta情報」やページのtitleが重要なのはなぜ?

そもそも、これら「meta情報」やページのtitleは、SEOにとても重要なのですが、どう重要なのでしょうか?というところからご説明していきたいと思います。

description(ディスクリプション)とkeywords(キーワード)のmeta(メタ)情報のコード

☆説明不要!設定方法が知りたい方はこちらへどうぞ
SEO対策に必要なmeta情報を個別に設定する方法~WordPressで自分のブログを作る→

現在のSEO対策では、ページごとに「title」や「description」が固有のものであることが望ましいとされています。そのため、共通であることは避けたいのです。現在というか、かなり前からそうなので普遍的な内容とも言えます。

かつては「keywords」もSEOに大きな影響を与えていましたが、現在はほとんど重視されないようです。googleの検索アルゴリズムがメインの話ですので、(利用者が少ないとはいえ)bingの検索に影響があるかも知れないことや、今後もしかしたら「keywords」がSEOに影響するようになるかも(戻るかも)知れないことも考え、一応設定しておくのが無難です。

※一方では、SEOに影響しない「keywords」を設定することで、競合に重視しているキーワードを知られるリスクもあるので、「keywords」は空白にするほうが良い、という意見もあるようです。

また、「h1」について、かつては「社名やロゴ」や「サイトのショルダーコピー」をh1にして、全てサイト共通にしていたものですが、最近はSEO的に個別が望ましいことから、きちんと個別の設定にするようにしています。「社名やロゴ」や「サイトのショルダーコピー」はh1ではなく、pタグなどで充分ですね。

「description」は検索結果ページで「続きを読みたくなる文章」がどうかが重要

「description」はgoogleなどの検索結果ページで、サイトの説明文として表示される文章です。何が重要かというと、直接SEOに影響があるというよりは、検索結果の一覧でクリックされるかどうかに影響するものです。あるキーワードで検索したユーザーが、そのキーワードとともに「知りたい内容が書いている」説明文章が添えられていれば、それをクリックしたくなりますよね?

「フリーランス WEBデザイナー」のSEO検索結果について解説

googleなどの検索結果一覧に表示されるたくさんのサイトの中で、いかに興味を持ってもらいクリックしてもらうか、そのための文章(キャッチコピー)なので、結構重要な要素だと思います。検索連動型広告(リスティング広告)のコピーくらい重要だと、個人的には思っています。

できるなら自動化したいですが、この検索結果を見てもらうとわかるように、もし「description」に「title」を流用すると、同じ文章が並ぶだけなのであまり効果が高くありません。例えば、記事投稿ページなら「記事導入の文章(抜粋文章)」があるほうが「続きを読みたい」と思ってもらえますよね。少し面倒ですがそれと同じような文章で、個別に記入したほうが良さそうです。

ブログの場合「title」は投稿記事タイトルを自動設定すれば便利!

おすすめの「title」の設定方法は以下の通りです。
トップページ・・・【サイト名】
カテゴリトップ・・・【カテゴリ名】+【サイト名】
タグトップ・・・【タグ名】+【サイト名】
投稿記事ページ・・・【投稿記事タイトル】+【サイト名】
固定ページ・・・【固定ページタイトル】+【サイト名】

この書き方が一般的かと思います。これを全て個別に記述するのは大変ですので、「自動で設定する」ようにします。

ということで、「title」と「description」(一応「keywords」も)を個別に設定する重要性がわかって頂けたかと思います。これらはSEO上位表示に大きく影響するという理由だけでなく、自分の知りたい情報を検索して探しているユーザーへの親切さの面でも、大変重要であるとわかります。googleがユーザーを大切にしている理由がよくわかる気がしますね。

それでは次に、具体的にどのようにWordPressをカスタマイズするかのご紹介をいたします。
SEO対策に必要なmeta情報を個別に設定する方法~WordPressで自分のブログを作る→

30代、40代のフリーランスのWEBデザイナーを目指す女性への、ひとつの情報源やネタになれば幸いです。みなさんも、自分のペースでがんばってくださいね!

あなたもフリーランスはじめませんか?

フリーランスのデザインのお仕事探しのお手伝いをしてくれるサイトです。専門のエージェントも!登録は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。
※デザインのお仕事を見てみる⇒レバテッククリエイター

この記事が参考になったら応援よろしくお願いします!

次におすすめな関連記事はこちら